節水トイレの盲点

節水型はいいことのように思えるので、これはかなり意外かもしれません。決して節水に反対しているのではないのですが、トイレの節水に関しては慎重になるべきです。トイレで使用される水は一般家庭で使用される水の全体量の最も大きな割合を占めているとも言われ、水道の節約のためにトイレを節水型にかえる家庭も増えています。

節水しかし、トイレ修理の業者のサイトを参考にすると、節水トイレは故障のもとだそうです。そもそも、トイレの排水には、排泄物が便器から流れたあとに排水管を通り10メートル以上流れないといけないという基準があります。節水型のトイレにかえることで10m以上排泄物が流れることなく途中でとまってしまい、排水管のつまりの原因になり、破損を起こしてしまうことがあります。

時々、テレビで紹介される節水術の中にトイレのタンクの中にペットボトルやビール瓶を入れたり、フロートパルプにおもりをつけて水の量を減らすなどの方法が紹介されることがありますが、絶対に真似をしないようにしてください。これは完全に間違った節水方法で間違いなくトイレのつまりの原因になってしまうからです。トイレを節水したいのであれば、トイレ自体を節水エコタイプのものに変更することをおすすめします

参照:水道救急センター
トイレに関するトラブルの原因や解決法について紹介しています。

うっかり物を落とさない

トイレのタンクの上に芳香剤やおもちゃ、生理用品など置いてしまっている方はいらっしゃるでしょうか。このようなトイレから落下する恐れのあるものは置かないようにすることでトイレのつまりは予防できます。

モデルルームトイレをすっきりさせるというのは生活感のないモデルルームのようなトイレを想像させるかとおもいますが。まさにそれがいいのです。なにも置いていないとどうしても殺風景でなんだか落ち着かないという場合もあるかもしれません。その場合は、便器の排水口よりも確実に大きいものを飾るようにしましょう。そうすれば万が一落下した場合でも、流れてしまう心配がありません。また、小さなお子さんがいらっしゃるお家に多いトラブルがおもちゃの落下によるもんです。ほかにも携帯電話を誤って流してしまったということも聞きます。トイレの中では遊びやゲームをしないという家庭内でルールづくりをすることによりこういった不注意によるトラブルを減らすことができるでしょう。

また、中にはトイレのつまりが起こってもなにが原因がすぐにわからない場合もあります。あとになって、体に貼っていたカイロや農作業で使っていた軍手などが原因だと判明した場合もあります。トイレに入る前には落ちそうなものがないか自分の体も確認しましょう。

トイレに流すものについて

トイレットペーパートイレでティッシュペーパーを使用して流すことですぐにトイレのつまりが発生するということはないですが、もし今後詰まってしまうリスクも考えて避けたほうが無難でしょう。ティッシュペーパーはトイレットペーパーとは違い、どんなに長時間水に浸しておいても原形はとどめたままです。意外とティッシュペーパーは流れると思う方も多いかもしれなせんが、水に溶けないティッシュペーパーを複数枚使用してしまうと何かの拍子に詰まってしまうことが考えられます。

ところで、なかには水に流せることを謳った商品も多く見かけます。これらの商品は流れないわけではないですが、流せるシリーズは1枚の厚さが違うので、複数枚使用した場合排水管に溜まって流れなくなってしまうケースがあります。この手のシリーズは非常に便利ですが、使用したあとは流さずにゴミ箱などに捨てたほうが無難でしょう。

また、流せるペット砂などは流さないほうがいいでしょう。基本的には流れますが、もし詰まってしまった場合は排水管の内部を塞いでしまいます。逆に流していいものというとトイレットペーパーのみになります。トイレットペーパーは水に浸っているだけで、水の中に溶けてしまいます。ですから、万が一トイレットペーパーのみでトイレのつまりが発生した場合でも、少し時間を置くと解消する場合もあります。