トイレのつまりのわけ

トイレのつまりは、ある日突然やってきます。トイレのつまりは自分の家にはやってくることはないと思っていても、急にトイレが流れなくなってしまうことがあります。みなさんの中には不注意などからトイレのつまりのトラブルを経験し、流れなくて焦った方もいらっしゃるかもしません。

トイレトイレが詰まったときに「水が流れない」「溜まる」「あふれる」などの症状が見られます。症状としては、トイレが一度詰まってしまうと、便器から水が溢れそうになってきます。それに、レバーを引いてトイレを流そうとしても水があふれるだけでなかなか流れていかないのです。このまま汚物が逆流してしまったり、トイレの水が便器から溢れてしまったら、家中がたいへんなことになってしまいます。想像しただけでも恐ろしい状況です。

そのようなときにトイレのつまりにはさまざまな原因がありますが、不注意などによるトイレのつまりはその原因を知ることで今後同じことを起こすことを防げます。一般的に、トイレのつまりというと、排泄物自体が詰まったのではないかと考える方が多いかと思います。しかし、原因は他のものにあったのです。意外に思われる方も多いかもしれませんが、多くの原因はティッシュペーパーなどの紙類やトイレの近くや自ら身につけているもの、たとえばカイロや農作業で使う軍手などです。なぜこのような原因になりそうにないものがトイレのつまりを引き起こしてしまうのでしょうか。詳しくみていきましょう。