節水トイレの盲点

節水型はいいことのように思えるので、これはかなり意外かもしれません。決して節水に反対しているのではないのですが、トイレの節水に関しては慎重になるべきです。トイレで使用される水は一般家庭で使用される水の全体量の最も大きな割合を占めているとも言われ、水道の節約のためにトイレを節水型にかえる家庭も増えています。

節水しかし、トイレ修理の業者のサイトを参考にすると、節水トイレは故障のもとだそうです。そもそも、トイレの排水には、排泄物が便器から流れたあとに排水管を通り10メートル以上流れないといけないという基準があります。節水型のトイレにかえることで10m以上排泄物が流れることなく途中でとまってしまい、排水管のつまりの原因になり、破損を起こしてしまうことがあります。

時々、テレビで紹介される節水術の中にトイレのタンクの中にペットボトルやビール瓶を入れたり、フロートパルプにおもりをつけて水の量を減らすなどの方法が紹介されることがありますが、絶対に真似をしないようにしてください。これは完全に間違った節水方法で間違いなくトイレのつまりの原因になってしまうからです。トイレを節水したいのであれば、トイレ自体を節水エコタイプのものに変更することをおすすめします

参照:水道救急センター
トイレに関するトラブルの原因や解決法について紹介しています。